看護師に英語は必要か

以前、カルテはドイツ語で書かれていることがほとんどでしたが、今ではほとんどカルテにドイツ語は使われなくなりつつあり、日本語や英語に変わって来ています。
パソコンで管理している病院が増えたこともあり、患者が目の前で日本語で入力されるカルテの画面を見たことがあるはずです。
看護師に仕事上英語が必要かと聞かれたら、個人差のあることなのでどちらでもと答えるしかない状況です。
看護師の免許を取得する際に、英語が必須だったかどうかを考えてみるといいでしょう。
本当に必須ならば、かなり専門的な授業があったはずです。それを思い返してみて下さい。

たとえば、日本で看護師として経験を積んだあと、海外へ留学を考えている方は英語は必須です。
喋ることも、聞き取ることにも慣れていなければならないため、日常的に英会話を耳に入れておく必要があります。
医療現場に待ったはないため、早口で会話は進むことが予想出来ます。その上で、対応出来るような語学力を身につけておく必要があるため、かなり上級の英語力が必要になります。
仕事をしながら英会話を学ぶのは大変かもしれませんが、目的が明確ならしっかりと身につくはずです。
日本でしっかり看護の基礎を学ぶ間に、英語力も高めておきましょう。

将来を見据えて、英語を毎日の勉強に取り入れておくと、看護師としての裾野が広がることは間違いないですね。
キャリアアップを考えて、いま出来ることを考えましょう。