» 看護師の就職に付加のつく資格

看護師の就職・転職に付加のつく資格はあるでしょうか。
看護師の資格を取得し、日々の業務をいっぱいいっぱい頑張っている間に、他の資格に目を向ける余裕がない。
そうも言ってはいられません。
今は、英語に関わる資格はどの職場に行っても一定のスキルが求められます。
それは看護の現場も変わりありませんし、将来看護留学などを考えているなら尚更です。
TOEICやTOEFLなど、注目するべき資格に目を向けてみましょう。
英検は中学生でも取得できるため、あまり活用出来ないと言えるため、実用性のある英語を学んでおくといいですね。
昔と違い、カルテもドイツ語表記ではなくなり、日本語、または英語での表記が当たり前になってきました。
特に大きな総合病院などに勤務したいと考えている場合、外国の方が診察に来ないとも限りません。
もちろん、窓口や看護師がコミュニケーションを取れないと、患者として病院へ足を運んだ外国人の方は困ってしまいます。
対応出来る看護師の配置がされている病院であれば、英語は必然的に求められるスキルのひとつになり、もちろん就職に関してTOEICやTOEFLが活かせる病院が身近にあるという現れでもあります。
例えば、空港にある診察施設などは当然のスキルと言えますね。

看護師に英語のスキルを上げるよう促す書籍が多数販売されています。
看護師としてのスキルアップを計るためにも必要なものだと捉えておくと、間違いないのではないでしょうか。
身につけるなら、より医療現場で活かせる英語がよいですね。
専門看護師や認定看護師など、就職後に取得を目指す資格もありますが、英語力は学生のうちに身につけることが出来るスキルです。
看護師として働きながら英語を学ぶより、学生の間に少しでも身につけておくことが出来れば、苦手意識もなく専門用語にも対応出来るのではないでしょうか。
始めるタイミングを見極めながら、日常会話に困らないくらいのスキルを身につけておくだけでも、病院に診察に来た外国人の患者さんの案内に困りません。
率先して学んでおきたい分野ですし、いざ就職の際に、英語が使えますというのは必要としている場所では確実に求められるため、就職先を選ぶ時にもよい基準のひとつになるのではないでしょうか。
特に、都市圏の病院に勤務したい。
または空港などに配置されている診療施設などで働きたいと考えている場合は必須だと考えておくと、就職の際に有利に働くのではないでしょうか。
活かせる英語力を身につけておき、選ばれやすい自分になっておきたいですね。

この他にも、認定看護師や専門看護師などの資格を取得するなど様々なスキルアップがあります。
自分にとって何が必要か、きちんと見極めましょう。

Leave a Reply

*